TEL. 0833-72-5800

〒743-0011 山口県光市光井九丁目18番2号

教育普及活動Education

市民文化の醸成に寄与するため、光市文化センターでは教育普及活動を実施しています。

令和元年度 成人大学講座

歴史、芸術など幅広い演題で、年間7講座を開設しています。光市の生涯学習推進の一翼を担っている事業です。
令和元年度の年間受講の申し込みは終了いたしました。

受講料年間1,500円で定員は45名

講座当日、年間受講者の受付後に座席に余裕がある場合に限り、先着順にて当日の申込も受け付けます。
(単講座受講料300円。年間受講者で先に定員に達した場合には、受付されても受講できない場合があります)

いずれの講座も土曜日の13:30 ~ 15:00で開催いたします。

日 程 タ イ ト ル 講   師
第1回 5月25日
(土)
武家諸法度と福島正則
広島城
学芸員
岡野 孝子
第2回 6月15日
(土)
田上菊舎
ー旅のはじめ・旅のおわりー
梅光学院大学
教授
倉本 昭
第3回 7月20日
(土)

山口県の近代建築探訪
~建築から町の歴史が
       見えてくる~
(一財)山口県建築住宅センター
参事
原田 正彦
第4回 8月10日
(土)
光の狛犬 山口県埋蔵文化財センター
調査第一課長
岩崎 仁志
第5回 9月14日
(土)
失われた六基の
「毛利家銅像」が物語るもの
ライター・プランナー 網野 ゆかり
第6回 11月16日
(土)
人骨から日本人のルーツと
未来をさぐる
土井ヶ浜遺跡人類学ミュージアム
館長
松下 孝幸
第7回 12月14日
(土)
74年目の回想
光海軍工廠
光地方史研究会
副会長
上村 正
  講座の内容はこちらから


文化教室

光市文化センターでは、以下の文化教室を開講しています。
令和元年度の受講生の募集は3月1日(金)から開始いたします。
見学も可能なのでまずは光市文化センターまでお問合せください。
※材料費等は別途かかります。
※各教室の開催曜日に変更はありませんが、開催日程につきましては文化センターの貸館行事が行われる場合には変更になることがあります。

水彩画教室
手軽に始めることのできる水彩画を取り上げ、経験にかかわらず絵を描く楽しさを体験し、技能向上を目指す教室です。原則として第1・3日曜日9:30~11:30 年間24回程度 年会費6,000円 指導者:岡村毅(創美会会員)
絵画教室『澪美会』
デッサン、油彩画、水彩画など、様々な手法での実技指導を行う教室です。カリキュラムは静物、風景、人物などを取り入れて実施しています。毎週木曜日9:30~11:30 年間34回程度 年会費12,000円 指導者:河村純一郎(洋画家)
彫塑教室
立体造形に関する基礎的な知識と創造的技能の修得を目的に実施している教室で人物像の制作に取り組んでいます。原則として第2・4土曜日9:30~11:30 年間24回程度 年会費6,000円 指導者:末廣修実(彫塑作家)
陶芸教室「湯呑みづくりの会」
ボランティアティーチャーが活躍している昨今、自主的なサークルの形成によって創作活動を進める会です。原則として第1・3水曜日9:30~11:30 年間24回程度 年会費6,000円 指導者:村山嘉憲(陶芸作家)
夏休み子ども陶芸教室
夏休みを利用し、小学校4~6年の児童を対象に、「湯呑づくりの会」の協力を得て、お皿や湯呑などの焼き物作りを体験してもらっています。1回目は7月下旬で作品を造ります。一度係りの者が素焼きを行い、2回目には、作品に絵付けをします。1人が2点から3点の作品を造ることができます。定員は30名、参加費は500円です。
  ※詳しい内容はここをクリック⇒夏休み子ども陶芸教室


絵画貸出事業

絵画を市民に貸与し、家庭や公共の場所へ掲げ鑑賞することによって、ゆとりと潤いのある生活を営んでもらうとともに、自らも絵画を描くなど美術への関心が高まることを目的に、平成10年度から行っています。
光市文化センターの「絵画貸出事業」は印鑑不要・貸出無料です。
ぜひあなたも身近に、気軽に、お手軽に、絵画を楽しんでみませんか?
⇒「絵画貸出事業」特設ページはこちら





 


光市文化センター

〒743-0011
山口県光市光井九丁目18番2号
TEL 0833-72-5800
FAX 0833-72-5715
アクセス
◇開館時間◇
  9:00~17:15(入館は17:00まで)
◇休館日◇
  月曜日(祝日のときは翌日も)
  祝祭日(子どもの日・文化の日除く)
  毎月第一火曜日(館内整理日)
  年末年始(12月28日~1月4日まで)
◇入館料◇
  無料