施設案内

光市文化センター

温泉イメージ

 光市文化センターは旧光市制35周年記念事業として、歴史民俗資料館に美術館、科学博物館を含めた総合的な博物館をめざして、昭和55年11月に開館しました。
 主な業務は、資料の収集、調査、保存、展示と郷土に関する企画展、各講座等の開催です。さらに、市民が美術の創作活動を発表する場を提供しています。






光市民ホール

館内施設イメージ

 光市民ホールは、昭和47年5月10に開館。
国道188号線、島田市(しまたいち)交差点から 北へ700m(JR光駅からタクシーで5分)、の所に位置し 清流島田川のほとり、緑に囲まれた閑静な地にあって、 島田公民館を併設しています。
  市民のみなさまをはじめ多くの方々に文化的催しや集会など 幅広く活用していただく施設です。
 いつまでも親しまれ愛される施設として、 みなさまのご利用をお待ちしております。




光ふるさと郷土館

館内施設イメージ

 光ふるさと郷土館は、市制50周年記念として、また、ふるさと創生の一つとして整備したもので、江戸時代後期から昭和30年代にかけて「磯民」(後に磯屋)の名で醤油屋を営んでいた磯部家を修復したものです。
 建物は、明治初期に建てられた町屋づくりの商家(原型は江戸末期)で、俗に「うなぎの寝床」といわれる間口が狭く奥行きが長い商家独特の造りとなっています。江戸時代に室積に寄港していた北前船に関する資料や醤油の醸造用具などの展示を通じて、当時の人々の生活や文化を紹介しています。
 
※平成29年9月18日をもって、光ふるさと郷土館別館を閉館致しました。
 長期にわたりご愛顧頂きまして、ありがとうございました。
 なお、本館につきましてはこれまで通り運営してまいりますので、
 今後ともよろしくお願い申し上げます。


財団情報誌「虹」

 公益財団法人光市文化振興財団の管理する3施設についての
情報誌を隔月(偶数月)で発行しております。
  
  ⇒「虹」電子書籍版はこちらから(外部リンク)

















 



information

公益財団法人 光市文化振興財団

〒743-0011
山口県光市光井9-18-2
TEL.0833-72-5800
FAX.0833-72-5715